バレを考慮した上での | 短い期間で多く稼ぐならavの募集に応募してみてはいかがでしょう。
menu

バレを考慮した上での

海を見ている女性

av業界に入るというのはある意味「バレ」のリスクからは逃れられないものです。
ですが、av女優の募集ページを見ていると「バレ対策は完璧です!」と謳うプロダクションばかりです。
どういった仕組みでそのような保証をしているというのでしょうか?

仕組みの説明の前に、実際にav女優ということがバレた割合というのがどれくらいなのかというのをご存知でしょうか?
実に1%ほどと言われています。
現在約150のavプロダクションが存在し、平均50人が所属しているとされているので、av女優の人数はおよそ7000人程度の計算になります。
その中の1%とすると約70人ですね。
しかし、その内純粋な意味でバレた人というのは半分にも満たないものです。
どういうことかと言いますと、av女優であることを友達に言ってしまい、それを聞いた友達が周囲にバラしてしまうというパターンが多いそうです。
そのことを踏まえるなら、av女優であることのリスクというのは非常に低いものであるように感じます。
結局バレも自分が原因だとするのであれば、自分が気をつければ問題のない話なのですから。

口では簡単に言うことができる。と感じる人もいるかもしれませんが、そもそも自分の最大級の秘密を信頼しきっていない人間に話さなければ良いのです。
そういった人間が周囲にいないのであれば、「木のうろ」に叫べば良いのです。
自分に対して降りかかる危険性を考慮するのであれば、そういった自分の秘密を守ることに関して大きな労力を割く必要は無いはずです。
結局自分自身のリスク管理の話でしかないのですから。